Practice  実践

Practicing the Power of Now Part-3(作成中)

投稿日:2016年12月15日 更新日:

他人の中に見る自分のEGOパターン

特定 の エゴイスティック な パターン を 誰 かに 発見 し て 強く 反応 し、 それ が 相手 そのもの だ と 誤解 する とき は、 たいてい 自分自身 にも 同じ パターン が 存在 する の だ が、 自分 では それ を 見分ける 力 も ない し、 その 気 も ない 場合 が 多い。 その 意味 では、 相手 から 学ぶ こと は たくさん ある。   あなた が いちばん 腹立たしい のは、 相手 の どんな ところ だろ う。 自己中 心的 な ところ か?   強欲 さか?   権力 欲、 支配 欲 か?   言行不一致 な ところか、 不誠実 さか、 暴力 的 傾向 か。 さて 何 だろ う?   何 に し ても、 あなた が いちばん 恨み が まし く 感じ て 強く 反応 する 資質 は、 あなた 自身 の なか にも ある。 だ が それ は エゴ の 一つ の 形 で あっ て、 個人的 な もの では ない。 相手 の 人間 でも、 あなた という 人間 とも、 関係 ない の だ。 ただ その 資質 と 自分 を 同一 化 し て しまう と、 それ を 自分 の なか に 発見 し た とき、 自己意識 が 脅かさ れ た と 感じる だろ う。

Surrender

日本語の適当な翻訳がないので英語のままでサレンダーと書くことにする。サレンダーとは、一言で言うと、自分の中にある抵抗の思考を開放してしまうこと。誰でもが、外界の出来事に心の中で大きな抵抗感(resistance)を持っている。パートナーについて、会社の上司や同僚、友人など、多かれ少なかれ相手の行動に怒りや不満などの感情をもっている。これらを持ち続けている限り、自分は幸せではないし、満足もしない。これらの抵抗の波動から脱却することがスピリチュアルな成長のもっとも大切なプロセスだ。

抵抗を抱えている状態は、心のなかで「苦しみの中の牢屋に投獄されている」状態で、そこには「心の自由」はない。抵抗を持ち続けようと、捨てようと、どちらを選ぶかの決定権はすべて自分にある。ここの理解が極めて難しい。大抵は、「相手の人が〇〇だから、私は不幸になっている」と信じているし、これを見直そうとはしない。問題の(苦しみの)原因は、私ではなく外の誰かにあると信じ込んでいる。

サレンダーの練習をさせられる

人生の航路において、宇宙は(エンジェル、守護の神霊、単に神、なんでもいい)サレンダーの練習をするような状況を作り用意する。信じがたいかもしれないが、スピリチュアルに目覚めてくると、これが本当にそうであるとしか思えないような状況が頻発し始める。意地悪な人が現れたり、仕事で困難な状況に出会ったり、とにかく自分の心の中に大きな抵抗感(怒り、苦しみなどのネガティブ思考)を掻き立てるような現象が起きてくる。

これらの試練から逃げることは、一時的には出来るかもしれないが、逃げても逃げても卒業するまでは、同様の現象が起き続ける。宇宙がそうさせているのか、自分の奥底の真我がそうさせているのか、とにかく試練は克服するまでは続くだろう。

脱出のプロセス

まずは、先に述べた、

(1)自分の心の抵抗が根本原因であることを認める、

この気づき自体も簡単に納得できるまでに年月がかかる

(2) 次に、実際の生活場面で、現象が起こってきたときに早く気づく

自分の、心のなかに発生するネガティブな感情に敏感になっていないと、見過ごしてしまい、相手の無意識のレベルに自分も簡単に同化してしまう。

(3) 気がついたら、直ぐに脱出の手立てを実行する必要がある。

エックハルト・トールはプレゼンスに意識をもどしなさいと教えている。が、これはかなり実践では難しく克服には長い時間がかかる。繰り返しの練習が必要となるが、一日になんども現象が起こるわけではないので、これも年月がかかる。

これを手助けする方法を2つ

  1. ちょっと飛躍するけれど、どんな人も寿命がきて必ず死ぬという死生観を認識する。これは、相手に対する同情感や同じmortalな人間であるという愛の心を引き起こし、ネガティブ感情を中和してくれる。
  2. もう一つは、もっと大きな理想、世界平和の祈りのような意識を思い起こすと、目の前の闘いや不満などが、小さなことと認識され消えていく。これは、人間は今の目先のことに感情的になっていると、心がそこにロックされてしまい、簡単には思考の転換(別の角度から冷静に事態を見直す)することが非常に難しくなることから、この状態から、簡単な方法で意識をかえるというやり方だ。

後は、辛抱強く何度も何度も繰り返すことで脱出を完成させる。

===============================

シーソーの思考方法

免疫機能を強化する

ペインボディの溶解プロセス

深く根付いたEGOの昇華プロセス

-Practice  実践

執筆者:

関連記事

Quick way to stop thinking

呼吸法 自分の呼吸に意識を集中する 意識的な呼吸をする 意識的な呼吸をしているときは、一時的に思考が止まっている    

How do we break the habit of excessive thinking?

どうすれば思考を止めることができるのか? 非常に重要なポイント。Addiction 中毒症状は麻薬や飲酒やいろいろあるが、一番たいへんで治すのが困難なものが思考中毒だ。思考は、真の想像力を妨げるし、様 …

Practicing the Power of Now Part-1(作成中)

まずは、頭の知識レベルでもいいので、EGOを理解することが第一ステップ。第二ステップとして、具体的に何をしたらよいのか、「Practcing the Power of Now」より、Keyとなる部分を …

Practice in Daily Life

Practicing the Power of Now Part-2(作成中)

今に在る(Presence)のプロセス できれば、比較的スムーズに物事が進んでいて、波乱の少ない時期に、Presence の練習を始める。EGOは、あらゆる種類、あらゆる機会に見える形で出現してくるの …