人間の状態は2つ

[瞑想の話からの引用]

結局、人間の状態は2種類しかありません。

完全に「いま」に在るか、それともマインドの世界に在るか。

リアリティーの中に在るか、幻想の中に在るか。

記憶という素材を使って、想像力を駆使し、幻想の世界に住んでいる人のなんと多いことでしょう。

その世界は、判断、比較、善悪、非難、罪悪感、希望、失望、嫉妬、憤慨、優越感、劣等感に満ちています。

そして、記憶そのものは実に曖昧なものです。

それは事実の断片の印象に過ぎません。

あろうことか、その記憶が、悩み、苦しみ、心配の種になっています。

たとえ一秒前のことも記憶に過ぎないのです。

「いま」に帰ってくれば、それが目覚めです。

瞑想は、「いま」にあることを容易くしてくれます。

瞑想中も相変わらず古い習慣の思考は発生し続けることでしょう。

コツは、それらを出しっぱなしにして、とらわれないこと。

その中に引き込まれ同化しないこと。。

 

タイトルとURLをコピーしました