与えるものが受け取るもの

内容は「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」とおおむね 同じで、より焦点がしぼられている感じです。「さとりを…」は全編が質疑応答形式で 書かれていますが、本書はそうではないので、説明が自然に流れているというか、 わかりやすく(ダイレクトに)訴えてくる印象があります。

タイトルとURLをコピーしました